Google

2011年12月 2日 (金)

SEOで効くリンクと効かないリンク

SEOで効くリンクと効かないリンク

SEOとリンクは切っても切れない関係にあって、リンクされなければ難易度の高いキーワードでの上位表示は不可能です。

その一方でGoogleがスパムチックで不自然なリンク元を無効化したり、インデックス削除したりという事があるみたいです。

検索順位を不正に操作する事が目的のリンクは元々Googleのガイドライン違反であるのは、

SEOをやってる人ならほどんどの方が知っている事だと思います。

有料リンクなんかもその中に含まれている物ですが、実際的に有料リンクがSEO的に効果がないのか?といえば答えはNOです。

すくなくとも現状はきっちり効果あります。

リンクが有料であるのか、そうでないのかをアルゴリズムで機械的に判断するのには限界があるからです。

ただ、だからといって闇雲に有料リンクを使うのはお勧めはしません。

通報窓口がある以上いつ通報されても文句はいえない状態です。

通報されたら即ペナルティになるのかどうかは、その都度で変わるかと思いますが、

すくなくともチェック対象にはなりえると思います。

SEOでどうしても順位を上げなければならなくて有料リンクを使う場合は、そのリスクを知った上で使うべきだと思います。

不自然なリンクを浴びせる事で順位が下がるような事があれば、意図的に第三者のサイトを攻撃する事も可能になってきます。

それが実際の所どうなのかは、ここでは置いておきますが、そういった攻撃を万が一受けたとしても

自サイトが自然に得たリンクなり、評価されるコンテンツを持っていれば、そんな攻撃にはびくともしないでしょう。

Yahoo!が不自然なリンクを受けて順位が下がるのか?といえば下がりませんよね。

逆にそれなりのコンテンツを有しているサイトに最適なリンクを張ってあげれば自然と順位も上がるのは当然の事です。

SEOで効くリンクはリンク元も重要ですが、リンク先のコンテンツなり質なりも重要であるという事です。

PR
サーチトップSEOでは定額SEO対策、成果報酬型SEO対策とお客様のご予算、ご要望に応じて選べる二種類のSEOコンサルティングサービスをご用意しております。52500円からのご提供となります。

2011年9月21日 (水)

Googleを迷わす作りはよくないと思う

Googleを迷わす作りはよくないと思う

SEOやってると、なんでこのサイト一向に上がらないんだろう?という物にブチ当たります。

原因はサイトによって様々で一概に言えないのですけど、今回たまたま見たサイトは

ちょっとGoogle迷ってるんじゃないの?(例えです)って感じました。

メタタグが全ページ同じになっていて、各ページの共通部分からTOPページに向けたリンクが3種類ほどあります。

ロゴとグローバルナビとパン屑の3種類でそれぞれアンカーテキストが異なります。

メタタグに関しては、まあSEO的にはほぼ関係ないだろうし

実際の検索結果ではメタタグ無視してるのも多々あるのですが、

TOPへのリンク3種ってのはどうなんだろうと感じました。

これでも大丈夫なサイトはたぶん大丈夫なんでしょう。

ただ現状どう考えても順位が低すぎると感じるサイトは

やっぱり何かしらの足かせが働いてると思う訳でして

簡単に直せる事だからやってみる価値はあるんじゃないかな。

なんて思いながら見てました。

2011年7月 3日 (日)

SEO対策は細かいことはあまり気にしない方がいい

SEO対策は細かいことはあまり気にしない方がいい

SEO対策の施策は色々と奥が深い物だと思うのですが、

一般的に個人でやってらっしゃる方なんかは、SEOの色々な情報に惑わされてしまう事もあるかと思います。

基本的にはあまり細かいことは気にしないで、コンテンツの充実に努める事が一番です。

サイトを一つ作ったらそのサイトのブログを一つ作る

下層に作ってコンテンツに厚みを持たせるのも良いでしょうし、

違うドメインでブログを書いて関連リンクとしてパワーを送ってあげるのも良いと思います。

タイトルにはキーワードを含めるとか、検索されやすい文章をコンテンツに書くとか

そういった当たり前の事はやるべきだと思います。

ただその他の細かい部分に関してはそれほど気にする必要はないのではと感じます。

サイトの規模によって変ってくるのは当然なんですけどね。

被リンクに関しても明らかに不自然な物を増やし過ぎない事です。

細かいことを気にしないというと大雑把過ぎですけど、

それぐらいの気持ちでやっていった方がいいですよっていうことです。

2011年5月 5日 (木)

過剰アンカーテキストのペナルティを避けよう

過剰アンカーテキストのペナルティを避けよう

GoogleのSEO対策といえば、被リンクでのアンカーテキストリンクによるごり押しが昔のSEO対策でした。

ページのテーマとかなにも関係なく、アンカーテキストを上位表示したいキーワードでリンクしとけばぐんぐん上がっていったもんです。

しかし今日のGoogleアルゴリズムはそう簡単にはいかなくなっています。

サイトやページ単位でのテーマの統一性や内部コンテンツの充実など昔から見ている要素ですけど

より一層重点を置いてきているなと感じます。

そういった部分も含めて、外部リンクによりアンカーテキストの内容も明らかなキーワードリンクは

不自然なリンクとして見られる傾向が強まり、フィルターも導入されました。

よりナチュラルなリンクを好むようになり、関連性のあるページからのリンクも重視していると思います。

過剰アンカーテキストのペナルテイはある特定のキーワードのみ順位が下がってしまうような物で

酷い場合は結構後ろの方に飛ばされてしまうケースもあります。

こういった事にならない為にも、自作リンクをしない方向の外部施策や

アンカーテキストを自然に見せるような施策を行なっていく必要があります。

一番良い外部施策は自然にリンクが集まる様な仕組みを作る事でしょう。

ただそういった仕組みを作るのは容易な事ではありませんが

一つのコンテンツを充実させて「人」に認めて貰えるコンテンツ、共有したくなるコンテンツを

作って行かなければ、今後数年先に上位表示出来ているかどうかの分かれ道となるかもしれませんね。




土佐小夏のフルーツ通販。土佐特産の絶品の味をご賞味ください。
絶品の高知の小夏(日向夏)のフルーツ通販。美味しいものしか送りません!!南国土佐・高知が誇る、絶品果実、土佐小夏をお届けします。是非、ご賞味くださいませ。土佐果実の専門店 文旦一

特許事務所|特許申請・出願なら東京の松田国際特許事務所
特許申請・特許出願のことは「特許のプロ」にお任せ下さい。松田国際特許事務所(東京・新宿)のサイトでは、発明、実用新案、意匠、商標等の知的財産に関する出願・申請、調査、侵害業務訴訟、相談、顧問等の業務を承っております。

結婚式招待状、席次表のゴーヨン
手作りキットや印刷サービスの無料サンプル進呈中! まずは、無料サンプルをお取り寄せ、本物の結婚式招待状や席次表(席順表)に席札をご覧ください

【オープンカー専門店BALANCE】 中古車販売 OPENCAR LIST
輸入車のオープンカー カブリオレ コンバーチブル 等 4人乗りの電動幌のオープンカーの中古車販売

2011年2月27日 (日)

過剰なキーワード使用に注意

SEO対策の施策の中で、もっとも重要とされてる要因は

キーワードとリンクです。

それぞれまた色々な深い要因に分かれるのですが、大きく分けるとこの2つですね。

キーワードを含んだコンテンツがあることは、検索エンジン最適化の基本中の基本です。

ただし、キーワードの詰め込み過ぎはよくありません。

文章が不自然になるようなキーワードの使い方や

ユーザーを惑わせる様な使い方は、下手をすると過剰SEOのペナルティを受けないとも限りません。

そんなことはもうとっくに知ってるよって人でも、よくよくサイトを見ると。。。

な~んて事も結構あります。

それとメタタグにキーワード詰め込むのは意味がないので止めましょうね!

詰め込むであれば、良いコンテンツを詰め込みましょうね。

それではまた。

2010年11月18日 (木)

Google SEOにアンカーテキストを考えよう

Yahooの自然検索が日に日にGoogle化している今日この頃

如何お過ごしでしょうか?

完全にGoogle化した場合には当然ながらGoogleのSEOが必要になってくる訳なんですが、

Google対策といえばアンカーリンクですよね。

キーワードでリンクされると上位表示されやすい。

確かにそうなんですが、同じアンカーリンクばかりでは不自然ですよね。

Googleは当然そうゆうのはフィルター掛けてきます。

Googleの大好きなナチュラルリンクに見立てるには、アンカーリンクの内容をある程度分散させる必要があります。

ってお話はちょっと検索すれば、どこにでも書いてあると思います。

こっからは今後のGoogleの検索エンジン最適化に重要な所でSEO対策の肝になると思えちゃいます。


説明的なアンカーリンクがもっとも自然で効果がある。

説明的な~と言うのは、文章間の繋がりの中で自然に文章をアンカーリンクする事。

もしくは、一文をアンカーリンクにするとかですね。

キーワードのみのアンカーも効果は大きいですが、

こういったリンクの仕方も今後は重要だろうな~ってお話でした。


その他のカテゴリー